多汗症を治したい

多汗症ってこんな病気

汗の匂いが気になる

多汗症に見られる特徴として、「通常よりも大量の汗をかくこと」があげられます。多汗症でなくとも、私たちは全員普段から汗をかきます。走ったり運動したり、体を動かした後に汗をかいたり、辛いものや熱いものを食べた後に汗をかいたり、気温や湿度が高い場所にいると汗をかいてしまいますよね?また、緊張したり、ストレスや不安を感じたりした際にも汗をかいてしまいます。このように、汗をかいてしまうタイミングはさまざまであり、それが普通ではありますが、多汗症の場合は、その際にかく汗の量が尋常ではないのです。人によっては、こうした通常時にかく汗の量は少なく、その他のタイミングでかいてしまう汗の量が多いといった特徴もあげられます。
また、多汗症に悩みを抱える方の中には、手や足、脇の下に汗をかく方が多く見られます。その箇所は、多汗症の方でなくとも汗をかく場所ではありますが、多汗症の方の場合、その汗をかく量が大量であったり、常に汗をかいてしまったりしている状態となります。しかし、全ての人がそうである訳ではなく、中には、手足や脇の下の他にも、背中に大量の汗をかいてしまう方であったり、お尻に大量の汗をかいてしまったりする方、または額や頭に大量の汗をかいてしまう方もたくさんいます。人によって、汗をかきやすい場所には違いが見られるのです。

多汗症には、大きく分けて二つの種類があげられます。その二つの種類とは、「原発性多汗症」と「続発性多汗症」です。何故大きく二つの種類に分けられるのかというと、それは、多汗症を引き起こしてしまう「原因」があげられます。
続発性多汗症とは、主に抱えている疾患や生活習慣によって引き起こされる多汗症のことを指します。一方で原発性多汗症とは、その原因が特定できない・・・つまり、ハッキリとした原因が分からない多汗症のことを指します。
続発性多汗症には、内蔵が弱っているケースであったり、交感神経や自律神経に異常が見られるケース、また、生活習慣や食生活が乱れているケースであったり、「気にしすぎ」といったケースが見られます。